スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by あにぅ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

!!!

  
         びろびろ…
     ⊃))) 
    /UJ
   
  
  

---<memo>------------------------
米国は1945年以降、11度の景気後退局面を経験。いずれの局面でも株式相場は下落している。平均継続期間は景気後退が10.2カ月、株安が8.6カ月(下落率は25.9%)となっている。株式相場は実体経済に先行する形で下落し、一定期間を経て反発に転じるが、米国では景気後退局面が一巡する数カ月から半年前に株価が戻りはじめるという。
  
 香港マーケットもまた、米国に追随する形で株安局面を経験。直近4度(80年、81年、90年、01年)の下落局面では、期間が平均7.5カ月続き、下落率が約27.5%に達している。
米国の動向が大きなカギを握っているのは当然だが、過去の局面と比較する際に注意が必要なのは香港マーケットが構造的に変化している点。ハンセン指数は中国銘柄(レッドチップ、H株)の占める比重が高まっており、「米国の香港マーケットへの影響度は従来に比べて弱まっている」との見方が少なくない。
  
 したがって、「米国の底入れに先んじて香港が戻り始める可能性もある」と期待する向きも少なくない。
-------------------------------
  
亜州さんの情報っていいなぁ~  役に立つなぁ~
                                  すかさずフォロー(^^; 
スポンサーサイト
by あにぅ  at 00:27 |  中国株全般 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
中国株リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

あにぅ

Author:あにぅ

ブログ内検索
小零銭
.
 
Designed by deco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。