スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by あにぅ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

関於銭的事…

蒙牛の牛さん、お金のことで次のように言っています
 
>無から有になる過程(従無到有)はとても楽しかった(快楽的)
>でも有から無になる過程はもっともっと楽しかった(確実更快楽)
>この感覚は私が寄付した20億元、30億元に十分に値するものだ
   
えっと…、第一段階の入り口にすら到達していない私にこの境地は正直わかりません
(少しはわかるような気もしますが、きっと全然ピント外れです…)
    
あと、牛さんこんなことも言っています
  
>「お金を集めると人が離れ、お金を使うと人が集まる」
  
牛さん、周りの人のためにお金を惜しまず出すことで有名です (一方で自分にはケチ)
持ち株をすべて寄付したことはもちろん、給料は絶対に社内で一番にはならない、住宅や車は他の幹部より必ず下のレベルにするなどなど
    
こういったものはすべてイメージアップのためだ、との指摘もあります
もちろんそういう面もあるに違いありません
(ここの参謀・孫さんは相当キレモノですので)
それでも、お金や地位に執着しない姿勢、つまり縁故採用はしない、総裁は世界中から募集し任期は1期3年の最大3期まで等々、中国企業では奇跡的なことをバンバン実践してるっちゅうのは私から見るととても魅力的に見えちゃいます
    
ちなみにこれらは牛さんが金持ちになる前(香港上場前)から計画されていたことのようです  ですのでお金があるから生じたという考えではないようです
    
で、こんなこと書くと牛さん、もうやり尽くした感でいっぱいなんじゃ…と思うのですがまだまだ熱さを十ニ分に持っていて、今は次の段階に向かって頑張っているようです
まさにブルです
   
あれ…?  なんか途中から完全にポジトークになってますた…(^^;
  
                 以上、我要銭の段階から一向に抜け出せないあにぅでした
スポンサーサイト
by あにぅ  at 21:21 |  蒙牛乳業 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

あにぅさん、牛さんてポリシーをしっかり持ってますね!
特に「縁故採用はしない」というのは、将来の真の企業発展に重要だと思います。これがなかなかできないのが中国だと思うのだけど、行動に移されていて立派です。そのような会社に投資している、あにぅさんも立派です。 うんこだけど。。。

by SKY 2007/09/30 22:48  URL [ 編集 ]

え~…、私が最初に投資したときにはトップの名前が牛さんという冗談のようなネタすら知りませんでした…
ブログを書くようになってからです、ほんとに詳しく知るようになったのは。
  
ええ、完全にラッキーパンチです
もちろんウンコのアンラッキーパンチも喰らってますので、世の中公平にできてることがわかります(T_T)
by あにぅ 2007/09/30 23:04  URL [ 編集 ]

我都要銭!!!
もしヒロシが仮に牛さんのように成功して大金持ちになったとしても、あそこまでは出来んとです。
by ヒロシ 2007/10/01 01:11  URL [ 編集 ]

ホンモノの牛さんにぜひ一度会って,サインもらって,一緒に記念写真取って,握手してもらって,ネクタイもらって,でもって最後に株ももらいたいと思っている私は,イケナイ欲ブタ...いや欲牛...いや欲ウンコでしょうか?(-_-;;)
by hwasaeng 2007/10/01 01:16  URL [ 編集 ]

>ヒロシさん
私も絶対できません   
やるとしても資産の半分程度かな…
ビルや嘉誠さんのように久しく大金持ちだった後に寄付というのはわかりますが、金持ちになるやいなや全額寄付なんて、ちょっとパラダイムが違い過ぎます
牛 おそるべしです
by あにぅ 2007/10/01 22:31  URL [ 編集 ]

>hwaseangさん
大丈夫です  hwaseangさんはそう思わなくてもすでに欲うんこ君です
というか、ヨボセヨうんこ君です  (←なんだコレ…)
by あにぅ 2007/10/01 22:32  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
中国株リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

あにぅ

Author:あにぅ

ブログ内検索
小零銭
.
 
Designed by deco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。