スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by あにぅ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

今年の総括

  
 
             303239572acf45af04453.jpg
  
 
 
  
  
 
  
   本年中は大変お世話になりました。
   来年もどうぞよろしくお願いします。
    p2CA3RPYZM.gif
   
  
スポンサーサイト
by あにぅ  at 09:48 |  中国株全般 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2009A株ロック、実はそれほどハードじゃない!?

以前の日記に書いた2009年度の本土A株ロックアップ解除総額について
(来年度のロックアップ解除総量が現在の流通A株全総量とほぼ同じ程度、それ一体どーやねんってやつ)
aaaa.jpg

アレ、わたしの中では
「おいおい・・・本土A株の時価総額と同程度の株が市場に出回る権利を得るってことは需給関係大丈夫? 景気減速真っ只中、資金欠乏企業がわんさかいる今の状態で、そんな売るだけですぐにお金(利益)に変わる魔法のペーパーが野に放たれたとしたら・・・(ロックアップかかってる株なんてほとんどがアホみたいに安い価格でばら撒かれたやつだろうから、A株がいくら低迷中といっても売れば充分利益になるはず)」
というような認識だったんですが、どうも事情が少し異なるようです。
  
いえ、解除総数自体は間違ってないんですが、その中の大部分は中国銀行、中国工商銀行、中国石化らしいです。
  
そして、解除されるそれらの株の所有者は
   中国銀行 → 中央匯金投資有限公司
   工商銀行 → 中央匯金投資有限公司、中国政府財政部
   中国石化 → 中国石油化工集団

つまり、売りに出される心配がほとんどない株主達ってことらしいんですな。
 
で、それをグラフに表すと
aaaa1.jpg
   
  ↓(ここから中国銀行、工商銀行、中国石化の分を差し引くとこんな感じ) 
  
aaaa22.jpg
  
つまりこの3つを除外した場合、2009年ロックアップ解除総量は2008年の1.3倍程度、現在流通しているA株全体の33%程度ということらしいんです。
 (ま、それでも結構な数は結構な数なんですが・・・)
  
でもそんなことはともかく、今夜はすてきな「平安夜」!
ちんけな株など一切忘れて おしりを振ってサンタを待とう!
  
 p2dfs   p2ewe.gif   p2CAI3H0KB.gif
 
  
 
 
  
 
 
 
 
 
  
                              200803141634290469.gif
by あにぅ  at 00:00 |  本土株 |  comment (0)  |  trackback (1)  |  page top ↑
最近のコメント
中国株リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

あにぅ

Author:あにぅ

ブログ内検索
小零銭
.
 
Designed by deco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。